【事業承継】 M&Aの事前準備としてスクイーズアウトを実施した事例

ご相談の会社は、数十年前に創業し、その当時は創業家の方々が株式を有していましたが、現在は、創業家ではない方が、社長(=大株主)となっており、今回は、この社長様からのご相談です。
今般、M&Aも考えていて、この機会に、創業家の一人の方が保有している株式を社長に集中したい、というご要望をもってのご相談です。

詳しくはこちら

【賃料増額請求】 賃料が不当に安くなってしまっている場合の賃料増額請求を行った事例

20年以上前から、戸建てを賃貸に出しており、この賃料が近隣相場と比較して、不当に安くなってしまっているというご相談です。

値上げ交渉をしているものの、賃借人は賃料の値上げには合意しないとのことで、弁護士にご相談にいらっしゃいました。

詳しくはこちら

【解雇無効】 解雇無効を主張して10か月分の給与相当額の解決金を取得した事例

入社約1ヵ月で、他の従業員から嫌がらせを受け、それに反発したところ、解雇されたという事案でした。
ご相談後、内容証明郵便を発送し、すぐに労働審判を申立てました。

詳しくはこちら

【人事・労務問題】 定年を向かえた従業員との雇用継続問題を解決した事例

定年(60歳)を向かえた従業員と会社がトラブルになりました。現在、高年齢者雇用安定法によって定年を向かえた従業員についても、希望があれば原則として65歳までの雇用を保障しないといけないことになっています。
本件では、再雇用の条件などからトラブルになり会社から相談を受けました。

詳しくはこちら

【建物明渡し】 「示談」と「訴訟」を並行して進めて退去させた事例

賃貸当初から、オーナーとトラブルを繰り返し起こす賃借人に対して、「明渡を求めたい」との相談です。

また、この賃借人は「水道の不具合がある」との理由で家賃も一切支払わないとのことでした。

詳しくはこちら

【離婚訴訟】 子2人が夫と妻にそれぞれ養育されている状況下で親権が争われた事例

本件の一番の争点は、子二人の親権です。
この件では、別居時に上の子は、父親が監護し、下の子は母親が見るということで、兄弟が別々になってしまっていたことが、親権問題を難しくしていました。
調停は不成立に終わり、訴訟を提起しました。

詳しくはこちら

【任意売却】 遠方の相続物件を任意売却した事例

今回のご相談は、ほとんど会ったことがない、新潟に住んでいる叔父の相続人になった方からのご依頼でした。
この方は、現地にも行ったことがないようでしたが、新潟に複数の相続物件があるとのことで、「売却したい」とのご意向でした。

詳しくはこちら

【離婚調停】 相手方本人が調停に出席できなかったため調停内で協議離婚を成立させた事例

離婚の協議が難航したので、調停を申立てました。
争点は、子の親権と財産分与額などでした。
調停成立直前となり、諸事情により、相手方が絶対的に調停に出席できない事態となりました(夫側に代理人弁護士は就いています)。

詳しくはこちら

【筆界特定】 土地家屋調査士と共に代理人となり「筆界特定」を進めた事例

ある会社が、事業用土地を購入しましたが、隣地所有者との間で筆界に争いがあり、分筆登記ができずにいました。
やむを得ず、会社は実際に測量技術のある土地家屋調査士と弁護士(当職)を代理人として、筆界特定を申し立てました。

詳しくはこちら

【解雇無効】 不当解雇に対して解雇無効を主張し会社への復職を認めさせた事例

上司とトラブルになり、解雇になった依頼者から相談を受けました。
依頼者は、職場に復帰したいという意向をもっていたので、それに沿って会社との示談交渉を開始しました。

詳しくはこちら

【離婚調停】 不貞を疑われたが、これを退けて離婚した事例

離婚を決意し、別居をされた方からのご相談です。
一つの問題点としては、相手方からは、不貞を強く疑われていて、これが離婚や財産分与の支障となっているとのことでした。

詳しくはこちら

【解雇無効・残業代請求】 飲食店店長の解雇無効及び残業代が争われた事例

一年の有期雇用だった飲食店の雇われ店長が突如解雇された事例でした。
依頼者である元店長は、残業代などを全くもらっておらず、解雇無効と併せて、残業代も請求する内容で、労働審判を申立てました。

詳しくはこちら

【協議離婚】 不倫をしてしまった有責配偶者側代理人として示談で離婚を成立させた事例

過去に不貞をしてしまい別居に至った男性からのご依頼です。
別居は既に5年にもなっているので「何とか離婚したいが相手が応じてくれない」と、弁護士にご相談にいらっしゃいました。

詳しくはこちら

【残業代請求】 残業代は「職務給」に全て含まれると主張する会社から残業代を取得した事例

会社内が混乱し、一気に5名の方が会社を辞めました。
この会社は、毎日深夜まで労働させていましたが、全く残業代が支払われていませんでした。
残業代の額が大きいこと、5名の方の問題を一挙に解決する必要があったことから、労働審判ではなく、訴訟を提起しました。

詳しくはこちら

【労基署対応】 会社側代理人として労働基準監督署と交渉した事例

顧問会社様からの相談です。
従業員の素行が悪かったため、幾日か出勤を停止し、その分の給与を支払わなかったところ、従業員が労働基準監督署へ駆け込み、労基署から臨検が入ったという事案でした。

詳しくはこちら

【婚約破棄】 婚約を破棄された女性側代理人弁護士として慰謝料等を獲得した事例

結婚式の式場まで予約していたのに、突然、婚約を破棄された女性からの相談でした。依頼者は、結婚を見越して仕事も辞めていました。
また、依頼者は、精神的に大きなダメージを受けており、弁護士に相談にきました。
ご依頼をいただき、相手方の男性へ慰謝料等の損害賠償請求をしました。

詳しくはこちら

【解雇無効】 不当解雇された事例について示談で解決金を取得した事例

社長から突然、解雇された方がご相談にきました。
労働審判を申立てることも視野に入れて示談交渉を開始しました。

詳しくはこちら

【立退料の獲得】 店舗の明渡しを求められた場合に適正な額の「立退料」を獲得した事例

店舗を経営している方からのご相談です。
建物のオーナーが開発業者にチェンジしたとのことで、その業者から立退きを求められたとのことです。

ご相談者様は、突然のことで、大変驚き「本当に退去しないといけないんですか」とご相談にいらっしゃいました。

詳しくはこちら

【離婚訴訟】 会社経営者の夫側代理人として自社株式会社の評価が0と主張し財産分与した事例

会社を二つ経営している方が依頼者でした。
離婚の財産分与において、相手方からは、会社資産があるから、多額の財産分与をするよう求められていました。
調停は成立せず、訴訟が提起されました。

詳しくはこちら

【団体交渉対応】 本採用拒否をされた従業員が労働組合に加入し団体交渉を申し入れてきた事例

会社側からの相談です。
試用期間中にトラブルを起こしたので、本採用を拒否したところ、その元従業員が地域の労働組合に加入して、団体交渉を申し入れてきました。
会社側としては、どのように対応してよいか分からず、弁護士に依頼しました。

詳しくはこちら

次へ

最後