• トップ
  • 解決事例
  • 【労基署対応】 会社側代理人として労働基準監督署と交渉した事例

会社側代理人として労働基準監督署と交渉した事例

事 例

今回は、会社からの相談です。

従業員の素行が悪かったため、幾日か出勤を停止し、その分の給与を支払わなかったところ、従業員が労働基準監督署へ駆け込み、労基署から臨検が入ったという事案でした。

交渉での解決

会社社長は、法律に詳しくなく、労基署にどのように対応してよいかわからなかったのですが、弁護士が会社代理人として労基署との交渉窓口となりました。

結果として、是正すべきことは是正する内容の回答書を弁護士が作成し、穏便に事を済ませました。

弁護士コメント

最近は、労働基準監督署も賃金不払い、労働時間制限違反などについては、迅速に対応するようになっています。
したがって、労働者側からすると労基署に動いてもらうということも一つの解決策です。

会社側としては、労基署の是正勧告には基本的に従うべきですが、主張すべきことがあれば、これは弁護士に頼んで主張すべきでしょう。