• トップ
  • 解決事例
  • 【離婚訴訟】 子2人が夫と妻にそれぞれ養育されている状況下で親権が争われた事例

子2人が夫と妻にそれぞれ養育されている状況下で親権が争われた事例

事 例

本件の一番の争点は、子二人の親権です。

この件では、別居時に上の子は、父親が監護し、下の子は母親が見るということで、兄弟が別々になってしまっていたことが、親権問題を難しくしていました。

調停は不成立に終わり、訴訟を提起しました。

訴訟での解決

依頼者は、子二人の親権を望んでいましたが、相手方も強く二人の親権を主張しました。

最終的には、現状維持として、それぞれ監護している子の親権をとることとなり、面会交流を厚くするという諸条件を付けて解決しました。

弁護士コメント

子の親権問題は、対立が先鋭化する問題です。

裁判所は、諸要素を検討して親権者を指定しますが、現状の監護状況(その子をどちらがみているか、その監護状況に問題がないか)を重視しているようです。

親権をどちらが取るかが微妙な案件については、どのようにうまく主張立証するかにかかっています。

これは、専門家である弁護士にお任せください。