• トップ
  • 解決事例
  • 【協議離婚】 不倫をしてしまった有責配偶者側代理人として示談で離婚を成立させた事例

不倫をしてしまった有責配偶者側代理人として示談で離婚を成立させた事例

事 例

過去に不貞をしてしまい別居に至った男性からのご依頼です。

別居は既に5年にもなっているので「何とか離婚したいが相手が応じてくれない」と、弁護士にご相談にいらっしゃいました。

示談交渉での解決

有責配偶者であるということをふまえて、できるだけ穏便に交渉をスタートしました。

相手方の女性に説明を重ねて、最終的には、財産給付を厚くし、公正証書を作成することで、離婚を成立させました。

弁護士コメント

不貞などをしてしまった配偶者を「有責配偶者」と言い、有責配偶者からの離婚請求は、相手方が争えば、容易には裁判で認められません(離婚できません)。

それでも、離婚をしたい場合には、何とか相手方の納得を得るような離婚条件を提示することが必要となってきます。
「有責配偶者からの離婚請求」は難しい離婚案件になりますが、一度、弁護士にご相談ください。