遠方の相続物件を任意売却した事例

事 例

今回のご相談は、ほとんど会ったことがない、新潟に住んでいる叔父の相続人になった方からのご依頼でした。

この方は、現地にも行ったことがないようでしたが、新潟に複数の相続物件があるとのことで、「売却したい」とのご意向でした。

任意売却の成功

ご依頼者は、物件の詳細も分からないとのことでしたので、当職が新潟まで出向き、物件調査を行いました。

そうしたところ、物件は、3階建ての民家と少し離れた空き地であることが判明しました。
また、民家はかなり老朽化していて、大雪が降ったら崩れそうな状態でした。
仮に、倒壊などで誰かに被害が生じたりしたら大変だ、ということで早急に売却手続きを進めました。

ここでもは、当職の知り合いの不動産業者に頑張ってもらい、民家と空き地をセットにして、地元の業者に買ってもらうことができました。

もちろん「瑕疵担保責任免除の特約」も入れて売却しています。

弁護士コメント

相続物件の売却もよく相談があります。
この場合でよくある問題は、物件が遠方にある場合です。
相続人が不動産所有している場合には、その不動産の管理責任が生じてしまいますので、大きな台風などがくる昨今では、早急に売却した方がよい場合もあります。

任意売却には「瑕疵担保免除特約」を入れる等一定のノウハウが必要です。
当事務所は、任意売却にも慣れた不動産業者とタイアップしていますので、スムーズな売却が期待できます。


◇ 横浜で不動産問題に強い弁護士をお探しの場合には、当事務所へご相談ください。
  ご相談予約は、TEL(045-594-8807)又はメール予約をご利用ください。

◇ 不動産業者様に特化した「弁護士顧問契約」は、コチラをご覧ください。