• トップ
  • 解決事例
  • 【離婚調停】 不貞を疑われたが、これを退けて離婚した事例

不貞を疑われたが、これを退けて離婚した事例

事 例

離婚を決意し、別居をされた方からのご相談です。

一つの問題点としては、相手方からは、不貞を強く疑われていて、これが離婚や財産分与の支障となっているとのことでした。

調停での解決

不貞事実は、真実として存在しませんでしたので、離婚調停内において、その旨を記した書面を提出する等し、最終的には、相手方を納得させて、離婚+通常通りの財産分与を受けることができました。

弁護士コメント

不貞を疑われて、離婚トラブルになる、ということも多くあります。

このような場合には、多くの場合、書面や証拠を提出して不貞がないことを相手方に納得させる必要がありますので、特にご自身一人では対応が難しいと思われます。

そのような場面がありましたら、是非一度ご相談にきてください。