はじめに

 近年、コンプライアンス経営の要請はさらに高まっており、また法的知識に基づいた企業活動がこれまで以上に求められています。当事務所では、日常的に貴社の活動を法的側面から支援し、貴社の企業価値をますます高めます。

 

当事務所の顧問契約の内容

 顧問契約の内容については、個々の弁護士事務所で異なるものと思いますが、当事務所の顧問契約の内容は以下のようなものとなっております(なお、基本的な顧問契約は、下記業務につき月合計概ね3時間以内の執務を顧問料金の範囲とするものです)。

○ 法律相談・出張相談無料
 電話やメールなどでの法律相談や貴社に出向いての法律相談を(原則)無料で行います(無料出張相談は月1回までとなります)。

○ 登記相談無料
 不動産及び会社に関する登記相談も(原則)無料で行います。
 
○ 簡易な法律書面のチェック無料
 概ねA3一枚程度の簡易な法律書面(契約書など)のリーガルチェックを無料で行います。

○ 個別案件の着手金・報酬金の減額
 個別に受任した案件の弁護士報酬を10%程度減額します。

○ 着手金最低額(10万円)未満の事件もお受けします
 当事務所の報酬規程上、着手金額が10万円以下となってしまう事件は一般にはお受けしていませんが、顧問会社様については、着手金最低額以下の事件もお受けしています。

○ 貴社の従業員の軽微な法律相談無料
 貴社の従業員の方の,業務に関係しない法律相談(例えば相続問題等)も無料でお受けします。

当事務所との顧問契約の主なメリット

 当事務所の顧問契約の主なメリットとしては以下のような点が挙げられます。

○ 貴社の事情をよく知る顧問弁護士がいることで法的トラブルが生じた際の迅速な対応が可能となります

○ 事前の契約書チェックや交渉時の法的論点を検討することで、トラブルを事前に予防し、かつ、ビジネス交渉を有利に進めることができます

○ 顧問弁護士として長くお付き合いさせていただくことで、長期的視点に立った会社制度設計や労務管理体制の構築が可能となります

○ 顧問弁護士がいることで、対外的信用が高まります

○ 社内コンプラアンスの向上や従業員の方からの法律相談を受けることで、福利厚生に役立ちます

 

顧問契約の締結について

 当事務所と顧問契約を締結する際には、「法律顧問契約書」を作成いたします。
 顧問契約の締結後には、貴社の定款、就業規則などの規程類、その他取引先との間で一般的に使用している契約書の雛形などの重要な法的書類をご提出いただくようお願いしています。
 このように、貴社の事情に精通することで、法的問題が生じた際の迅速な対応が可能となります。
 
 どうぞ当事務所との弁護士顧問契約をご検討ください。

顧問料について

 弁護士顧問料は,月額3万円(税別)~とさせていただいております(顧問料は,事業規模などに応じて変わりますので,お気軽にご相談ください。)。