労基署の臨検があり、是正勧告を受けた

 近年、労働者保護の観点から、労基法や労働安全衛生法違反について、労基署は積極的に現場取締り(臨検)を行っています(「若者の『使い捨て』が疑われる企業等への重点監督の実施状況」)。
 
 そして、臨検が行われた企業のほとんどで、法律違反を指摘され、指導や是正勧告が行われています(東京労働局「平成26年定期監督結果」)。
 
 まず、指導や是正勧告を受けないように、日ごろからコンプライアンスに努めることが重要ですが、指導や是正勧告を受けてしまった場合には、その内容を精査し、適正に対応・改善する必要があります。

 この是正勧告に従わない場合については、送検される例もありますので、十分に注意が必要です。

 臨検の対応方法や指導や是正勧告を受けた場合の改善方法などについて、是非ご相談ください。