(元)従業員から訴訟(又は労働審判)を提起された

 近年、労働者の権利意識の高まりから、労働関係の紛争(訴訟や労働審判など)が多くなってきています。
 解雇問題、賃金トラブル、残業代トラブル、セクハラ問題、配転や降格などの人事に関するトラブルなどが典型例です。
 訴訟や労働審判を提起された場合には、早急にその対応をしなければなりません(労働審判にあっては、答弁書の提出まで数週間しかないことがほとんどです)。

 もし訴訟や労働審判を提起された場合には、裁判所から届いた資料一式をお持ちになり、相談にいらしてください。