はじめに

近年、働く方の意識の高まりから、企業と労働者間で紛争に発展してしまうケースが多くなっています。

当事務所の代表弁護士は、国の立法機関(衆議院法制局)で「労働立法」に携わった経験のある労働問題の専門家で、経営者側の代理人として労働問題に積極的に取り組んでいます。


社員や元社員との間で紛争に発展しそうなケースがありましたら、是非お早めにご相談ください。きっとよい解決ができるはずです。