【交通事故】 併合の後遺症等級を獲得した事例

事 例

横断歩道を歩行中に、左折してきた車に巻き込まれて大きな怪我を負ったという方からのご依頼です。

この方には元々の持病があり、その点と今回の事故での怪我の関係が問題となった事例です。

示談交渉での解決

結論として、この方の持病と併せる形で併合の後遺症等級を獲得することができました。

損害賠償額も上がり、依頼者の方が満足いただく額での示談解決となりました。

弁護士コメント

どのような方でも、突然、交通事故に巻き込まれてしまうことがあります。

車をお持ちの方は、多くの場合、任意保険の中に「弁護士特約」が含まれており、自身が被害者となった場合の弁護士費用を、保険会社が負担してくれる制度となっています。

ご自身で相手方の保険会社と示談交渉するよりも、弁護士を就けて交渉した方が、一般的に慰謝料額等が増額するといわれています。

交通事故にあわれた場合には、是非、ご相談ください。