• トップ
  • 解決事例
  • 【損害賠償請求訴訟】 仕事場での同僚とのトラブルが訴訟にまで発展した事例

仕事場での同僚とのトラブルが訴訟にまで発展した事例

事 例

仕事場でのトラブルから、同僚に対して暴力を振るってしまったというご相談です。

同僚からは、多額の損害賠償請求を受けており、本当にこの額を支払わないといけないのでしょうか、と法律相談にいらっしゃいました。

この事例では、既に、相手方から訴訟が提起されていましたので、迅速に対応をしました。

訴訟での解決

暴力を振るってしまった依頼者には反省を促しつつ、これを誘発した相手方の非も主張をしました。

また、相手方が求める損害額が、法理論に照らして、多額でしたので、この点も主張していきました。

結果として、依頼者が納得できる額を支払う内容で和解をしています。

弁護士コメント

社会生活を営んでいるうえで、突然、紛争に巻き込まれることがあります。

その際に、損害賠償請求などを受けることがありますが、そのような場合には、慌てずに弁護士へご相談ください。

相手方が求めている賠償額が、法理論に照らして、とても多額であるような場合もあり、適正に反論することによって、これを減額させることができるケースもあります。