夫の不貞を前提に慰謝料を取得した事例

事 例

不貞の事実が明らかであるのに、夫は、調停内では不貞を認めませんでした。

当方は、不貞を前提とした慰謝料等を請求していましたので、調停では解決がつかず、その後、相手方から離婚訴訟を提起されました。

訴訟での解決

調停内では、提出しなかった証拠(メールの写真やプリクラなど)を訴訟内で提出して、相手方の不貞を立証しました。

不貞を認めないのであれば、有責配偶者からの離婚請求は断固として認めない、と主張したところ、相手方は不貞を認める前提での離婚条件を提示してきましたので、和解が成立させました。

弁護士コメント

離婚問題では、以前は認めていたにもかかわらず、相手方が突如、不貞(不倫)を否定し出すことがよくあります。

これを覆すには、相当の証拠が必要です。
離婚トラブルになりそうだと感じた場合には、不貞の証拠をしっかり集めることも重要です。
このような場合には、是非、弁護士にご相談ください。