破産手続き前に「任意売却」を行った事例

事 例

担保付のマンションを所有している方が借金問題でご相談にきました。
借金は、数百万円以上あるとのことで到底支払えず、最終的には破産をすることに決定しました。

そして、自宅マンションについては「むしろ手放したい」とのご意向でしたので、マンションをできるだけ高値で売却することとしました。

任意売却の成功

今回のケースでは、当職が懇意にしている不動産業者に頑張ってもらい、マンションローンを全て返せる金額で任意売却をしてもらいました。

売却金額の余剰が出ましたので、そのまま破産を申し立てたところ、自由財産の拡張が認められ、約90万円のお金がご本人の手元に戻ってきました。

競売されてしまっていたら、かなり売却金額が下がったことが予想されますので、今回は「任意売却」が成功した事例といってよいと思います。

弁護士コメント

任意売却をする理由は様々です。

相続物件や離婚の財産分与のための売却もありますし、今回のように破産手続き前の任意売却もあります。

当職は、任意売却にも慣れている不動産業者とタイアップしていますので、任意売却を考えている方は、是非ご相談ください。