わが社は、生え抜きの社員に継がせることになっているが、親族との間で経営権争いが生じないか心配

 相続人以外(例えば生え抜きの社員)が後継者となる場合もあると思います。
 この場合には特に、将来の経営権争いを防止するよう、現オーナー社長がスキームを構築しておく必要があると思われます。
 
 このような場合には、以下のような方策を組み合わせておくべきです。

○ 自社株や会社使用不動産などは、「遺言」「生前贈与」「民事信託(遺言代用信託など)」で後継者へ承継させる

○ 遺留分対策として、無議決権株式を発行

○ 贈与税の納税猶予特例を検討