経営権を子に譲りたいと考えているが、私(オーナー)が元気な内はしっかり監督できるようにしたい

 経営権を子に譲りたいが、ご自身が元気な内はしっかりと会社を監督したい、とお望みのオーナー社長も多いものと思います。ご自身が必死に育ててきた企業なのですから、その思いは当然のことと考えます。
 
 このような場合には、簡単に述べますと以下のような方策を組み合わせることが考えられます。

○ 拒否権付き種類株式の発行

○ 議決権と配当を分ける民事信託(信託の解除権を残しておく)+暦年贈与(又は信託)+社長が認知症や亡くなったら後継者に株式が譲渡されるよう設定した民事信託

○ 任意後見

○ 相続税・贈与税の納税猶予特例