相続登記をしたい

◇当事務所の「相続弁護士専門サイト」もご覧ください。「相続弁護士専門サイト」のホームページへ。

不動産を所有されている方が亡くなりますと相続登記をする必要があります。

相続登記をするには、故人が生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍を集めたり、遺産分割協議書を作成しなければならない等煩雑です。

また、相続登記をしないでいると、次の相続が開始する等して予期せぬ紛争につながる可能性もあります。
 
当事務所では、下記の相続登記業務を一括して、適正かつ迅速に行います。また,弁護士による公平な遺産分割方法のアドバイスも行います。相続登記の必要性が生じましたら、是非ご相談ください。

【相続登記業務の流れ】

 ○ 戸籍謄本の収集
 ○ 遺産(不動産)調査・確認
 ○ 公平な遺産分割方法のアドバイス
 ○ 遺産分割協議書の作成
 ○ 相続関係説明図の作成
 ○ 登記申請
 ○ 登記識別情報(以前の権利証)のお渡し
 ○ 登記事項証明書の取得およびお渡し


※ 分筆登記等が必要な場合に土地家屋調査士の紹介もいたします。

※ 相続税がかかる場合には、税理士の紹介もいたします。