• トップ
  • 解決事例
  • 【境界紛争・動産の撤去請求】 以前から境界紛争のある隣地所有者が勝手に置いていた植木鉢などを撤去させた事例

以前から境界紛争のある隣地所有者が勝手に置いていた植木鉢などを撤去させた事例

事 例

かなり以前から隣地との境界について争いがある方からのご相談です。

当方が主張する境界ラインを超えて、相当前から、隣地所有者が勝手に植木鉢などを置いていたとのことです。

鉢の放置が10年以上に及び、さすがにこのままでは怖いと考えてご相談にいらっしゃいました。

示談交渉での解決

当職が、現地確認をした上で、依頼者の主張する境界ラインが正しかろうという認識をもちました。
隣地所有者は、明らかに越境して植木鉢などを置いていましたので、当職から、所有権に基づき植木鉢などの撤去を請求しました。

相手方が任意で撤去をしなければ、訴訟提起も考えていたところですが、本件に関しては隣地所有者が任意に植木鉢などを撤去しましたので、無事に解決に至りました。

弁護士コメント

隣地とのトラブルは、近年、大変多くなってきているという印象をもっています。

今回の件は、純粋に境界のラインが問題となっているということではありませんでしたが、その根底には境界問題がありました。

本件のように、隣地所有者に自分の土地が占有されてしまい、この状態を長く放置すると相手方に時効取得を許すという結果にもなりかねません。
速やかに法的な主張を相手方にぶつけるべきです。

本件と類似の事案でお困りの方がいらっしゃいましたら、是非一度ご相談ください。